追記:郵便局保険の押し売り。独身なんだから終身保険はいらない。

本日、NHKクローズアップ現代で郵便局の押し売り番組を見て、すぐ自分の事を思い出しました。
不適正ではなくとも、説明が不十分、意味が分かりにくい事はあったと思う。以下、2017年12月に記したものです。23万人も働いている人がいるのですね。巨大だ。
明日株価に影響するのかな?

昨年の夏の事なんですが、年末調整の頃になると思い出します・・・多分ずっとこれからも。

ここ数年、いや人生で一番勿体無いお金を使ってしまった。
そんな場合は人生の授業料と割り切るしかない。しかし高い授業料だった。85,600円也。あーいろんなことに使えただろうに・・・。

今現在、一切保険には入っていません。(車の保険は入ってますよ!)
ネットで色々調べた結果、必要ないと判断しました。

 

あれは忘れもしない2016年暮れである。40歳から掛けていたかんぽの保険が50歳で満期を迎え、7月末に郵便局の人が職場にやってきた。真っ黒に焼けていて、暑いのに額に汗をにじませて、お2人遠路はるばる来て下さった。にこにこして、タオルやティッシュの粗品を持って。

満期になるのを元に別の保険を勧められる。(まぁそうでしょうね)

50歳までの10年はお蔭様で健康で、特約を使う事もなく、当然支払った金額よりは安いが、

利息みたいなのも付いていた。

今回勧められた、かんぽ生命 新ながいきくん お楽しみ型。

このご時世、銀行の金利よりも良いと言われる。(銀行の金利に過敏に反応する昨今)

しかも7月中の利率が良く、8月になると変わるので、良いレートで申し込むにはあと3日ぐらいしかない。(しかし未だに何の利率が銀行より良く、それがどれくらいこの保険に反映するのか理解していない)

月額37,700円を払い(1年まとめて払うと、4,147/年お得)総額 4,482,530円を払い、5,000,000円戻ってくるので、年払いにすると、517,470円もお得なのである。今回は、特約も特につけず、517,470円も多く貰える!とそこだけがクローズアップされ貯金よりお得と言う言葉を鵜呑みにして、翌日契約。

契約の時に、ネットで調べておくべきだった―。 ほんといっぱい情報あったのに。

仕事がバタバタしていたので、あっさり契約してしまったが、時間が空いた時にふと契約内容を見てみると・・・。

結局自分自身がもらえるのは、最高額で400万(60歳から5年おき)、しかもMax貰うには75歳までかかる。75歳以降も保険は保証って、これって他でもそうらしい。上手く400万もらったとしても残りの分は死亡時に貰えるそうな・・・。そんな具体的な説明無かったよな・・・。

私は独身なので、死亡時に保険でお金を残す必要はない。親にしたって、娘が早く死んで、お金を貰うより、面倒を見てもらった方が良いだろう。(受け取りが母)加えて言うと、定期と違って急にお金が必要になった場合、途中解約するとかなり目減りする。10年払ってその後15年かけて貰うなんてありえない。お楽しみでも何でもない。

担当の人に、連絡する。

「400万貰うのに75歳までかかるの?待てません。」と伝えると、だいたいみなさん65歳ぐらいで解約されてますよ。と悪びれた様子もなく言われる。特約つけてないんだから、お守りにもならない。解約したいと言ったのだが、既に契約しているので、損をすると言われる。

確かに月の支払い以上に損をする。しかし、長く掛ければ掛けるだけ不満が募っていくだろうと想像がつく。毎月、毎年自己嫌悪に陥るのが見えている。

この商品は、支払い金額+50万円ちょっとぐらいが、何時死亡しても入って来るという感じのようだが、如何せん支払いが先すぎる。(だからながいきくんなんでしょうけど、)扶養する人が居ないのだったら、貯金、国債あたりでしょう。

普通だったらそう考えるのに、どうして契約したんだろう??どこに言葉のマジックがあったのだろう?

今回は、銀行の印鑑が違ったらしく、引き落としが出来なかったらしい。振込用紙が送られてきた。

振込用紙は、加入者名は三菱UFJニコスとなっていて、振り込まないと、保険契約は解除となり、保証がなくなります。解約後1年間は再度のお申込みをお受けできません・・・云々とある。このまま保険契約解除が一番良いのだけど、書面で契約しているので支払い義務は発生するだろう。締切が1か月過ぎているというので、1年まとめ払いの割引が減り、振込手数料も入れると1,186円大目に支払った。

銀行印が違うのも早く教えてくれよ。って感じですが・・・、(契約時は、銀行印が違っても訂正するだけですからと言われが、自分が損を食らうとは…)今思えるのは、この銀行印の相違があったからこそ、解約の決意が早かったのかもしれません。

契約2か月で解約、85,600円の意味ない出費。日頃から時間外の銀行手数料が一番無意味な出費だと言っている私なのに…。
108円どころかその何百倍か・・・。涙。痛すぎる。ほんと嫌になる。

これで別の掛け捨て保険に入れた、資格も取れた、老後の資金、旅行、グルメ、・・・。
もしもは、つきませんが、今後こんな事の無い様に、高い授業料として納めたことにしておきます。

これを差し引きゼロにするように、どこかで工夫をしよう。しかし、痛いなぁ。痛すぎる。

自分は詐欺にはきっと引っかからないだろうと思っていたが、分からないもんだなと。何事にも気を付けないといけないなと。

自分の会社の商品に特化した外交員の説明には注意が必要でしょう。良い事しか言いません(だって給料に大幅反映するんだもん)私の生活を考えて勧めてません(だって自分の生活を考えますから)

そういう事ですね。

一生懸命働いている独身女性の方、保険は、慎重に選びましょう。

(あたり前です)特にあと○日だけが一番利率が良いので早めに契約を・・・なんて言葉には絶対に振り回されないで下さい。私の様に大損しますよ。

人生初の大型損失 2か月で85,600円也。

そして師走になり昨日、銀行のファイナンシャルプランナーが自宅を訪ねてきたそうな…。
携帯に電話をくれと。イケメンだったと母が言う。そして職場にまでやってくるという。色んな情報が業界内では共有されているのでしょうか?それとも、かんぽのお友達なのか。頼みもしないのにやってくる人に頼むか!

こんな恥は晒したくありませんが、後学の為、自戒の念を込めておくります。
独身でも賢く生きるために、いろいろ勉強しなくてはいけません。